国民生活金融公庫の教育ローンでは

国民生活金融公庫比較やJA農協:教育ローン比較 、銀行:教育ローン比較を中心に教育ローン比較国民生活金融公庫審査では検証します

国民生活金融公庫の教育ローンのコンテンツは

国民生活金融公庫の教育ローン審査の保証人制度

国民生活金融公庫の金利は固定で平成21年2月12日現在で2.45%の利率となっていますが注意してほしいのは国民生活金融公庫の教育ローンの場合連帯保証人が1人必要ということです

もし連帯保証人がいない場合は国民生活金融公庫の教育ローンの融資に際して(財)教育資金融資保証基金の保証をうけることで国民生活金融公庫の教育ローンの融資が受けれます

国民生活金融公庫の教育ローンの保証による金利比較
連帯保証人(財)教育資金融資保証基金
金利=2.45%
(平成21年2月12日現在)
金利=2.45%+保証料1.0%
教育ローン次へ
実質3.45%
(平成21年2月12日現在)

家族以外の連帯保証人が必要

金利は変わらない

連帯保証人は不要

(財)教育資金融資保証基金が代わりに保証してくれる
保証料として金利1.0%分かかる

国民生活金融公庫の教育ローンの場合、以前は必ず連帯保証人が必要でしたが今は(財)教育資金融資保証基金が保証をしてくれるので、連帯保証人を探さなくてすみます 国民生活金融公庫の教育ローンにかぎらず、やはり連帯保証人を頼むとなると気が重いものですから公的機関が保証をしてくれるのは助かります

(財)教育資金融資保証基金の保証というのは、もしあなたが国民生活金融公庫の教育ローンの融資を受けたとして払えなくなったら代わりに支払ってくれます もちろんそれで債務(借りたお金)の返済義務がなくなるわけではなくて、今度は(財)教育資金融資保証基金への返済義務が生じるわけです

(財)教育資金融資保証基金というのは連帯保証人を頼めるような方がいないために教育ローンを借りれないという方が多かったので設立された法人です もちろん国民生活金融公庫の教育ローンに限らず、多くの金融機関でこのような保証会社はあります

国民生活金融公庫の教育ローンの場合、保証料として年1.0%の金利がとられます。平成21年2月12日現在で2.45%の利率が設定されていますので実質3.45%が国民生活金融公庫の教育ローンの返済利率となるわけです

もちろん他のJA農協や郵便局、労金|労働金庫や各地の地方銀行(肥後銀行や熊本ファミリー銀行、伊予銀行、三重銀行・・・etc)、東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行やみずほ銀行などの大手の銀行も連帯保証人はいらない代わりにこのような保証協会を通すというシステムができています

金利利子率は高くなりますが、知り合いに連帯保証人を頼んでお互いにいやな思いをして人間関係を崩すよりはいいかもしれませんね?

posted by 国民生活金融公庫で教育ローンパパ at 00:58 | 国民生活金融公庫の教育ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局と国民生活金融公庫教育ローン金利比較

郵便局と国民生活金融公庫の金利を比較した場合どちらがおとくか?国の教育ローンの旧国民生活金融公庫の低金利は移行した日本政策金融公庫の教育一般貸付に代わってもかわらず融資を受けるメリットはなんといっても金利の安さでしょう。

低金利であることは少なくとも5年から7年以上かかり返済額も最大200万にもなる教育ローンにとっては大事な要素ですから。

国民生活金融公庫の教育ローン金利と郵便局金利比較

国民生活金融公庫の金利と郵便局の教育ローンの金利を比較しましょう。国民生活金融公庫も郵便局も国のもとではともに教育ローンをあつかっていましたが、郵便局の国営の時代から行ってきた教育ローンの新規受付は廃止となっています

郵便局の教育ローンはフリーローン目的別の教育ローンに切り替わっています。この郵便局の目的別フリーローンの使用用途は広く、幼稚園から大学までの入学金や授業料、新しいアパートの生活準備(敷金礼金引っ越し費用など)使い勝手はよく融資額も最大500万円とかなり使えます

しかし郵便局の目的別フリーローンの金利は高いです!。

(平成21年1月27日現在)

郵便局の目的別フリーローン教育プランの固定金利は年:5.50%
国民生活金融公庫の金利は年:2.45%

このようになっています。国民生活金融公庫が低金利というのはここにあります。郵便局の目的別フリーローンの教育ローンは目的別とはいってもフリーローンなので若干金利が上がっていると思われます

郵便局の目的別フリーローンを教育ローンに使おうと考えておられるならば、まずは国民生活金融公庫の教育ローンを検討して、次に銀行の教育ローンやJA農協の教育ローンを検討した後にしたほうが用意でしょう

posted by 国民生活金融公庫で教育ローンパパ at 20:05 | 国民生活金融公庫の教育ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民生活金融公庫の教育ローンと国の制度

国民生活金融公庫は国の教育ローンでありましたが現在は日本政策金融公庫が管轄しています。国の教育ローンは郵便局のゆうちょ郵貯貸付は今は新規貸付を行っておらず年金教育貸付はあっせんが必要なのんですがあっせん業務をやっていないということですので結局国民生活金融公庫(現在は日本政策金融公庫)の教育ローン一般貸付がベストです

郵便局のゆうちょ銀行と国民生活金融公庫教育ローン比較

国民生活金融公庫の一教育ローン一般貸付以外にもゆうちょ銀行のフリータイプの教育ローンはありますが、金利が国民生活金融公庫の教育ローンにくらべると倍以上となっているのでオススメしません。(平成21年1月時点で5.50%)

郵便局のゆうちょ銀行のフリーローンタイプの教育ローンは金利が若干高めですが(国民生活金融公庫と比べて)使用用途が幅が広いので使い勝手はよく、消費者金融系のフリーローンと比較すると圧倒的に金利が安いので民間の銀行系ローンと比較して

国民生活金融公庫の教育ローンの審査に落ちた通らなかった、といった場合や
国民生活金融公庫の教育ローンでは足りない(上限200万)

このような場合にオススメです

国民生活金融公庫の一般貸付教育ローン特徴

国民生活金融公庫の一般貸付教育ローンは金利が安い低金利が第一ですね

平成21年1月27日現在で年2.45%となっています。

年間家計の収入が990万円以内(下表のように子供の人数で前後します)

国の教育ローン国民生活金融公庫教育一般貸付比較
子供の人数(注)給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,190万円(960万円)

教育ローン使用用途が

学校納付金(つまり入学金、授業料、施設設備費などですね)
受験費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など遠方の受験地のとき)
住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・礼金・家賃など入居費)
教材費・パソコン・通学費・修学旅行費・学生国民年金保険料など・・・

多岐にわたっているので使いやすいです

まずは国民生活金融公庫の一般貸付のご利用の検討をお勧めします

posted by 国民生活金融公庫で教育ローンパパ at 14:46 | 国民生活金融公庫の教育ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。